日本のミネラルウォーターの特徴 - 日本のミネラルウォーター

日本のミネラルウォーター

日本のミネラルウォーターの特徴

ミネラルウォーターと聞くと天然の水というイメージが浮かび、テレビコマーシャルの影響もあり、綺麗な湧き水がペットボトルの中に入っていると考えている人も多いのではないでしょうか。
確かに海外のミネラルウォーターには、採水地からそのままボトリングされている商品もありますが、日本では加熱殺菌されていないミネラルウォーターを販売するのは禁止されているので、実際には全て人工的に作られた水なのです。

日本の水は硬度の低い軟水なので、国産のミネラルウォーターももちろん軟水の商品ばかりとなっています。
したがって、赤ちゃんのミルクを作る時にも使用する事ができたり、薬を飲む時にも使用できるという特徴がありますが、他にはどんな特徴があるのでしょうか?

まず、何と言っても日本のミネラルウォーターはクセが無くまろやかな口当たりで、どんな人にも飲みやすい水であると言われています。
硬水のような苦みや重さが全く無いので、あと味もスッキリしています。
また、緑茶や紅茶、コーヒーなどを淹れるのに最適であり、本来の味をしっかりと引き出してくれるのでお米を炊く時にも使えたり、出汁を取ったりなど料理にも向いています。
きちんと殺菌されているので、小さな子どもから年配の方まで安心して飲む事ができる水であるという事も言えます。

一方で、硬水のようにカルシウムやマグネシウムなどはあまり含まれていないので、ミネラル摂取を目的に飲む事はできません。
海外のミネラルウォーターで話題になるようなダイエット効果やお通じ改善効果なども無いので、そのような目的で飲むには適していません。

国内で製造されているので、富士山や六甲山、南アルプスなどから汲み上げてきた水を使っている商品が多くあり、都道府県別に見ると山梨県が一番の生産量を誇っています。
近年は桃やみかん、ハスカップなどのフルーツの味付けをしたミネラルウォーターも人気となっており、海外のミネラルウォーターとはひと味違った楽しみ方ができます。

top