国内ミネラルウォーターの安全性 - 日本のミネラルウォーター

日本のミネラルウォーター > 国内ミネラルウォーターの安全性
日本のミネラルウォーター

国内ミネラルウォーターの安全性

日本国内では、ミネラルウォーターとして販売する場合「ろ過」「加熱殺菌」「沈殿」に関する処理工程がしっかりと決められています。
そのまま採水地にてボトリングして販売するという事が出来なくなっており、細かい基準をクリアできたものだけが販売されています。
しかし、ミネラルウォーターは水道水とよく安全性を比較される事があります。
「水道水の5倍の危険が潜んでいるミネラルウォーター」という言葉を耳にする事があるほど、その安全性について問われているのも事実です。

日本の水道水は、高度な浄水技術により水質が優れており、一生飲み続けても体に害を及ばすことが無いという値の基準が常に守られています。
ですから、いつまでも安心して飲む事ができる一番安全なものでなければいけません。

しかし、近年は家庭用のウォーターサーバーなどがどんどん普及してきており、今まで全て家庭の水道水で補っていたものを、口から入る水道水に関してはミネラルウォーターを利用する家庭が増えてきています。
これは、近年の放射能汚染の問題などで一気に加速していった傾向でもあり、今まで水道水が一番安全と言われていた神話が崩壊してきたからなのです。

水道水は安全に飲めるよう基準がかなり厳しくなっており、特にヒ素や鉛、化合物などは1mlに対して0.01㎎以下と定められています。
これに対してミネラルウォーターは0.05㎎以下という基準となっているので、5倍危険な水であると言う風に言われます。
しかし、実際のところこの基準で健康被害が起こるのかと言うと決してそんなことは無く、ましてや0.05㎎入っているミネラルウォーターも殆ど無いという風に言われています。
それよりも注目すべきは、放射能検査がしっかり行われているのはミネラルウォーターの方であるという点です。

水道水は業者を選んで家で使うという訳にはいきませんが、ミネラルウォーターでは成分などをしっかりと確認した上で納得のいく企業の水を購入する事ができます。
安全に飲めるという点では、実はミネラルウォーターの方が安全性が高いのかもしれません。

top