日本のミネラルウォーターの種類 - 日本のミネラルウォーター

日本のミネラルウォーター > 日本のミネラルウォーターの種類
日本のミネラルウォーター

日本のミネラルウォーターの種類

日本のミネラルウォーターは全国各地の名水を使って作られた、まろやかな味わいでクセの無い軟水が多いのが特徴です。
そして、農林水産省のナチュラルウォーターに関する規定により、「ナチュラルミネラルウォーター」「ナチュラルウォーター」「ミネラルウォーター」の3種類に区分されています。

一般的に日本でミネラルウォーターと呼ばれているのは「ナチュラルミネラルウォーター」であり、ミネラルが含まれている地下水で、人工的に成分を足したりしていない純粋な自然水に一番近い水という事になります。
このミネラル量には決められている定義が無いので、販売業者によってそれぞれ異なるもの。

日本のナチュラルミネラルウォーターには、多くのミネラルが含まれていないと言う事で赤ちゃんのミルクを作るにも適していたり、お薬を飲む時にも安心して飲む事ができます。
一般家庭で飲む水道水をまろやかに美味しくしたという感じで、成分的に危険なものなどは一切含まれていないので、日本人にとっては大変安全な飲料水であるという風に言われています。
お料理にも使う事で、より一層出汁の味を引き出したりする事ができるので食事を美味しく感じる事ができるでしょう。
また、コーヒーや紅茶を淹れる時も本来の味を出す事ができるという事で、愛用されている方は多いようです。

区分により「ミネラルウォーター」とされているものは、ナチュラルミネラルウォーターのように地下水から汲み取られていますが、ミネラルを調整していたりオゾンや紫外線などで殺菌を行っているものを言います。
ナチュラルミネラルウォーターと比べると、成分加工がされてしまっているという点が一番大きな違いとなっています。

殺菌されていないミネラルウォーターを「ナチュラルウォーター」と区分していますが、これは殆どがヨーロッパなどの海外のミネラルウォーターとして販売されています。
日本とは違う規定がされており、殺菌されていないので危ないという事は無く、むしろ日本より厳しい管理下の採水地から入れた水なので、安全なものとして販売されています。

top